第1日目

 いよいよ27年度よこはま乳がん学校の開校です。「乳がん患者さんのために・・・」という思いでさまざまな職種が集まりました。みなさん所属施設は バラバラなので、緊張感が漂っています。まずは、この緊張をほぐしてくれる実行委員長の千島先生の挨拶と「チーム医療」の講義から開始です。程よく緊張が 和らいだところで、乳がん学校の目玉であるグループワークのためのグループ名を決定しました。4回の講義を続けて同じグループですので、最初が肝心。和気 あいあいとグループ名を決めます。このころには、すでにチームワークが出来ていました。

 さて、この後は、乳がんの基礎知識、がん告知のメ ンタルケアの講義が続きます。そしていよいよ1回目のグループワーク。症例が提示され、がん告知時のメンタルケアについて各職種の役割を考えながらディス カッションを行いました。模擬症例ですが、みんな真剣そのものです。各職種の考えや仕事についても理解が深まり、次回以降のグループワークもさらに楽しみ になったところで第1回の講義は終了です。 (N田)