第4日目

 いよいよ最終回となった第4回は、千葉大学大学院看護学研究科 阿部恭子先生より、「乳がん看護とチーム医療」、横浜市立大学付属市民総合医療センター生殖医療センター 村瀬真理子先生より、「がんの化学療法と生殖医療」、ランチョンセミナーでは福島県立医科大学腫瘍内科 佐治重衡教授より、「乳がんの分子標的治療」について講義していただきました。

また、最新の知見に触れたところで、「患者中心のチーム医療をめざして」をテーマに、グループワークや全体討議を行いました。講義終了後には受講生に修了証書が手渡され、全4回を通して、ともに学んだ仲間には絆が生まれているようでした。最後には、受講生や講義をしていただいた先生方全員で記念撮影を行い、終始和気あいあいとした雰囲気で、今年の乳がん学校は幕を閉じました。(ファシリテーター看護師 A部)